読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanekakusiのブログ

『猫とかわうそ』http://hanekakusi.web.fc2.com製作日記です。読書の感想も書いています。

ネルヴァル『火の娘たち』

ネルヴァルの生前最後の著作で、短編集です。冒頭はデュマ宛ての手紙ですが、これを読んだ時には少々心配になりました。劇場に火をつけるとかいう話で、何やら陰謀説を唱えているのですが・・・違います。あなたはその女優にフラれたんです。若い頃はイケメンだったようですが、作品中にも自分で書いていたでしょう。「何て細くてきれいな金髪なのかしら」― 毛根が弱かったんです。仕方ありません。

しかし中の作品はまったく心配には及ばず・・むしろどうして自殺してしまったのかと思いました。それにしてもこの人の書くものって毒とか悪意がほとんど感じられない、というか通常は人にあるはずのそれが抜け落ちているのかもしれません。読んでて何だか愛おしくなりました。

ここに書かれているのは主に叶わぬ恋や、悲劇の恋の物語です。どうしてか、愛し合う二人が結ばれて幸せに暮らしました、とはならないのです。『シルヴィ』の主人公は幼なじみを愛し、また一夜出会った高貴な娘を、美しき女優を愛しました。そしてある女は彼は心変わりしたと言い、ある女は彼が愛するのは自分でないと言いました。しかし主人公は決して移り気ではありませんでした。彼が愛したのはいつもたった一人の女性で、その女性にはどんなに望んでも永遠に近づくことができないのでした。その女性は世界中のあらゆる女神の名で呼ばれながら、唯一の女性です。彼女の事をネルヴァルは『黄金の驢馬』の女神イシスに見出します。古文書の中に美しきアンジェリックの痕跡をさがしながらも、きっとこの唯一の女性を夢見たのでしょう。彼の愛はいつもひたむきでした。しかしネルヴァルの純真で、幾らか子どもじみた恋愛が叶えられることはついにありませんでした。「私のために存在していながら私の存在さえも知らぬ唯一の女性からは四百里も離れて。愛されていず、いつか愛される希望もない」

ネルヴァルはゲーテの『ファウスト』の翻訳者でもありました。「永遠に女性なるもの」のことを、彼は追い求めて行ったのでしょうか。「サイスの女神よ!あなたの信徒の中で最も大胆な者は、あなたのヴェールをかかげて「死」の像に直面してしまったのだろうか?」