hanekakusiのブログ

『猫とかわうそ』http://hanekakusi.web.fc2.com製作日記です。読書の感想も書いています。

天気管と豪雨

先週、天気管(ストームグラス)というものを作りました。塩化アンモニウム硝酸カリウム、樟脳をアルコールに溶かして密閉したもので、中の結晶の出来方で天気予報をするというオカルト的なアイテムです。ネモ艦長のノーチラス号にも搭載されていました。気圧や風向きも反映するという話なのですが、潜水艦に載っているという時点でものすごく怪しい。しかし天気管に結晶ができるメカニズムについては未だ解明されていないらしく、実際どのくらい精度があるのかと思い観察していました。

作ってしばらくは液が澄んで何も出来なくて、雨でも晴れでも何の反応もありませんでした。この前の台風3号でも何も変化が見られず、諦めムードでした。ところが台風が去った次の日、予報は曇りですが少しずつケバケバした羽根状の結晶が生え始め、何で今更?という感じでした。そんなこんなで全く信用していなかったのですが、次第にバラバラと大粒の雨が降り始め・・記録的な大雨です。朝倉市では大被害となりました。

昨日は夜には雨足が落ち着くという予報だったのですが、寝る前の天気管を確認したらケバケバが増えていました。良くない兆候かもと思っていたら、深夜から雷が鳴り通しで強い雨が降りつづいています。うちにはサワラ先生(ネコ)もいるので、近くの川の氾濫が心配ですよ。

天気管はどうして結晶ができるのでしょう。どうやら気温の変化だけが作用しているわけでもないみたいです。積乱雲の電気をキャッチしてるんでしょうか。わかりません。ところで現在雨は少しましになっていますが、今朝起きたらまた天気管の結晶が増えていたので、今後まだ強い雨が降るかもしれないです。しばらくは油断できないかなと思っています。

広告を非表示にする