hanekakusiのブログ

『猫とかわうそ』http://hanekakusi.web.fc2.com製作日記です。読書の感想も書いています。

海賊ジェニーの歌

先日、ブレヒトの『三文オペラ』を読みました。とても面白かったので、その中から一つ歌を訳しました。でも有名なのはジャズにもなっているMack the Knifeです。

善人でいたいとは誰でも思うけど、この世で生き抜くには強かで狡くなくてはならない。人間というのは賢明でもないし、きれいなものでもない。しかしブレヒトはあくまで合理的・実際的で、人間に神の如くなれなんて無茶は言いません。

『ガリレオの生涯』も読みましたが、ブレヒトの中では民衆は正義です。貧困や格差を産む資本主義がなければ、もっと善く生きられると主張します。原爆投下を受けて科学者の倫理的責任についても取り上げていますが、科学が民衆を離れて単なる知識の追求になるのが元凶だと述べています。

現代の我々は社会主義の失敗や民主主義の暴走を見ているので、手離しで彼に賛同できる人は少ないでしょう。しかしメッキースさえ無罪放免にしてしまうブレヒトはすごいと思います。私はそこまで人の悪に優しくなれません。観衆への愛情が深かったからこそ、彼の戯曲も多くの人に愛されたのかもしれません。

広告を非表示にする